>

伊達公子|ウイントアーツ|伊勢大貴、片山萌美、和合真一、伊達公子ほか、多数のタレントやモデル、アスリート、文化人が所属する芸能プロダクション

BACK INDEX   |   TALENT   |   ATHLETE   |   CULTURE
HOME > PROFILE > 伊達公子
BACK INDEX

伊達公子

Kimiko Date

プロテニスプレイヤー(エステティックTBC所属選手)/業務提携:KD PLANNING TOKYO HEIGHT:164cm
PROFILE
生年月日

1970年9月28日

出身地

京都府

経歴
小学校1年生時からテニスを始める。1988年兵庫の園田学園高等学校3年時に全国高校総合体育大会(インターハイ)でシングルス・ダブルス・団体 で3冠。1989年卒業と同時にプロテニスプレーヤーに転向。1990年全豪でグランドスラム初のベスト16入り。1993年全米オープンベスト8入り。1994年NSWオープン(シドニ-)で海外ツアー初優勝後、日本人選手として初めてWTA世界ランキングトップ10入り(ランキング9位)を果たす。1995年WTAランキング4位に。1996年有明コロシアムでのフェド杯では当時世界1位だったシュテフィー・グラフを撃破。ウィンブルドンではシュテフィ-・グラフと決勝進出をかけて闘うも日没延長。2日間かけての闘いの末、グランドスラム決勝ならず。1996年11月年度末チャンピオンシップス・チェイス選手権で当時16歳だったマルチナ・ヒンギス戦を最後に引退。1994年~1996年の引退までTop10を維持。(引退時ランキング9位)

2008年4月プロテニスプレーヤーとして「新たなる挑戦」を宣言。「伊達公子」名で選手登録し、復帰初年度に全日本選手権シングルス・ダブルス制覇。その後、世界ツアーへ挑戦の場を移し、2009年にはWTAツアーハンソルオープン(韓国)にて優勝。
WORKS

CF・広告

 

アディダス・ジャパン

伊予銀行

エステティックTBC

カゴメ

キリンビール「キリンフリー」

興和「バンテリン」

東海漬物「きゅうりのキューちゃん」

日産自動車「リーフ」

日本ヒューレット・パッカード

ヨネックス

※アイウエオ順

著書

晴れのちテニス (1993年12月, 日本文化出版)

ラストゲーム (1996年11月, 日本文化出版

キッズテニス「好き」を見つける「楽しい」を育む (2004年4月, 岩波書店

いつも笑顔で Always Smile (2006年9月, マガジンハウス)

ストレスのないココロとカラダになる! 幸せのワークアウト (2006年9月, 講談社)

パートナーピラティス (ミハエル・クルム共著、2007年7月, 講談社)

伊達公子のピラティスレッスン (2008年10月, 日本放送出版協会)

CHALLENGE!! (2009年7月, 講談社)

進化する強さ (2012年3月, ポプラ社)

負けない!: 挑戦することは楽しいこと (2012年3月, ポプラ社)

幸福論 Nothing to Lose (2014年10月, PHP研究所)

www.wintarts.jp
BACK INDEX